Loading Events
This event has passed.

An invitation from the Nipponzan Miyohoji Buddhist order to join the 2020 Peace Walk

In 2011, after the devastating nuclear accident in Fukushima, Japan, I created two kinds of world maps. It was before the peace march. The world’s nuclear power plants and the other are the entities of nuclear test sites and nuclear powers(bombs). Then, a certain fact was noticed. With the exception of nuclear powers (bombs) belonging to Asia, such as North Korea, China, and India, many of the nuclear test sites by Western countries were mostly limited to non-white areas.

It is often pointed out that racism (colonialism) is the basis among Japanese people, including the atomic bomb survivors of Hiroshima and Nagasaki. It is impossible to bring hypothesis into history, but if we were Europeans, would America have dropped a nuclear bomb? If the Marshall islanders were like that, if Polynesians on Tahiti were like that, would a nuclear test in the atmosphere be conducted there? The answer is no.

Every spring, when a peace march takes place toward the Nevada nuclear test site, the organizers (mainly Las Vegas Catholic workers) have asked to the Elders of the Western Shoshoni tribe to lead the march. The reason is to know that it is a stolen land which was made vague in the law even now. They are the people who knows exactly the suffering like as same as downwinders, many are Mormons.

The Black Lives Matter movement begins in cities in the Midwest and is spreading around the world. In a sense, corona’s disaster pulled the trigger. I know that there are a lot of young white people in this movement. I feel great hope that they will not hesitate to participate.

For me, who was born as a Japanese, the abolition of nuclear weapons and the abolition of racism are common. To put it to the extreme, only one side does not realize it independently. The Marshall Islands, French Polynesian nuclear victims and Japanese fishermen who were victims of the hydrogen bomb should one day be compensated and apologized to. They are the same humans. And it should never happen again. It is a good opportunity.

This year, I would like to walk for a world without nuclear weapons and a world without racism with paying attention to pandemics. It is only a few days walk. However, I would like to do what I can do again in a familiar place like my Ground Zero friends.

Na Mu Myo Ho Ren Ge Kyo and gassho (palms together),

Senji Kanaeda

SCHEDULE 

August 5 Wed. 9AM, Tacoma Catholic Worker, 1415 S. G St., Tacoma (11 miles)

August 6 Thu. 11AM, Lake Forest Park City Hall – 230PM Bath House Theatre, Green
Lake, Seattle (7 miles)

August 8 Sat. 9AM Chief Seattle’s Grave,7076 NE South St. Suquamish – 3:30PM: Arrive at Ground Zero Center for Nonviolent Acion, 16159 Clear Creek Rd., Poulsbo (13 miles)

All are welcome to join the walk. We will provide lunches. Please phone or email if you would like to join us or have questions.

CONTACT

Rev. Senji Kanaeda, Nipponzan Myohoji Bainbridge Island Dojo, 6154 Lynwood Ctr. Rd. NE Bainbridge Island WA 98110 206-780-6739 206-724-7632(cell.) http://nipponzan.org/wordpress

Peace Pagoda construction started at Ground Zero Center from the end of June. We are welcome to any supporters for it.

******

核廃絶と人種差別撤廃を祈って・立正安国の行進

2020年8月5-8日 米西海岸ワシントン州 タコマ―シアトルーグラウンドゼロセンター

南無妙法蓮華経

2011年、日本の福島の壊滅的な原発事故の後、私は二種類の世界地図をつくった。平和行進の前だった。世界の原発ともう一つは核実験場と核保有国の実態である。そこである事実に気づかされた。北朝鮮、中国、インドなどアジアに属する核保有国を除いて欧米諸国による核実験場の多くが非白人(有色人種)の住む地域にほぼ限定されている事だった。

広島、長崎の被爆者を含め、日本人の間ではしばしば人種差別がその根底にある事が指摘される。あり得ない話だが、もしわれわれがヨーロッパ人だったらアメリカは核爆弾を落としただろうかと。マーシャル諸島人がそうであったなら、タヒチ島のポリネシア人がそうであったなら大気圏内の核実験がそこで行われただろうか。答えはノーだ。毎年イースター(復活祭)の時期に、ネヴァダ核実験場に向けて平和行進が行われるとき、主催者(中心にラスベガス・カトリックワーカー)は、北米先住民ウェスタン・シショーニ族の長老に行進をリードしてもらう。そこが今でも法律的に曖昧模糊とされた盗まれた土地であることを知るからだ。シショーニ部族の人々は核実験の被害を身をもって知っている。同じくその広大な地域に住む多くがモルモン教徒であるダウンウィンダー(風下被爆者)とともに。

ブラック・ライブズ・マター(黒人の命も尊ばれるべきだ。)のムーブメントが米国中西部の都市から始まり、世界に広がっている。ある意味コロナ禍がその引き金を引いた。この動きの中に大勢の白人の若者たちがいることを私は知っている。そこに彼らがためらうことなく参画している事に私は大いなる希望を感じている。

日本人として生まれた私にとって、核兵器廃絶と人種差別の廃絶はひとつだ。極言すると片方だけが独立して実現することはない。マーシャル諸島や仏領ポリネシアの核犠牲者たち、水爆の犠牲となった日本の漁師たちは、いつの日か補償され、謝罪されるべきだ。彼らも同じ人間なのだから。そして二度とあってはならない。良い機会だ。今年は核のない世界と、人種差別のない世界をどうじに祈って歩きたい。コロナパンデミックに注意を払いながら、わずか三日か四日だが。グラウンドゼロの仲間たちと同じように、今度もまたできることを身近な場所でやっていこうと思う。

※2005年以来、おもに米国北西部オレゴン・ワシントン州で毎年夏、核のない世界を願って平和行脚を行ってきました。コロナ禍の中、今回はわずか3-4日ほどですが、地元のシアトル、タコマと仏舎利塔宝土、核弾頭の基地のあるグラウンドゼロセンターに向けて歩きます。ご案内をさせていただきました。                    合掌

主催・日本山妙法寺シアトル道場

協力・非暴力平和運動のグラウンドゼロセンター、インディアン・フォー・チェインジ、

ベインブリッジ島とノースキットサップ郡諸宗教合同委員会、タコマ・カトリック・

ワーカーその他

日程 8月5日 タコマ 6日 シアトルー広島デイ灯篭流し(開催は未定)7日または8日

サクアミシュ(先住民長老チーフシアトル墓所)からグラウンドゼロセンター

9-10日 実施される場合グラウンドゼロセンターの広島・長崎デイ非暴力アクション

に参加します。場所は米海軍バンガー原潜基地前です。

連絡先 Nipponzan Myohoji Temple 6154 Lynwood Ctr. Rd. NE Bainbridge Island WA 98110 U.S.A,